パスポート取得

 

日本以外の外国の文化に触れたいと思ったことはありませんか。日本のカルチャースクールで異文化に触れ、またそれぞれの外国の言語を学ぶことによっても日本とは違う文化には触れることができます。また他国出身の方々との交流を深めることも日本以外の諸外国を知ることができます。しかし日本で学ぶだけでは満足できなくなったら、直接現地に出向き自分で体験・経験することが外国を知るうえで必要不可欠になります。そこで日本を脱出し、海外へ旅行してみましょう。

海外旅行する際には、旅券(パスポート)を持参しなければ日本から出国できません。旅券(パスポート)は外国で自分の性別や名前を証明してくれる身分証です。最新の自分の顔写真も貼られていますし国籍も載っています。この旅券(パスポート)は、空港でつくるのではなく都道府県で定められた旅券(パスポート)申請窓口で申請します。旅券(パスポート)は5年有効なものと10年有効なものの2種類があります。

これからも海外旅行を長期間にかけて行くだろうと考えるのであれば長期間有効な10年のものを申請します。また20歳未満の方は5年有効な旅券(パスポート)のみ申請できます。海外へ渡航するには年齢にかかわらず旅券(パスポート)が必要です。旅券(パスポート)は、諸外国で安全な旅行のために必要があれば日本国政府が外国政府に保護・扶助を要請する公文署となります。最近の旅券(パスポート)はコンパクトになっており、電子部品のICチップが内蔵されたIC旅券(パスポート)となっています。海外で自分を証明するものがない中、このICチップに内蔵されている情報が海外では自分を証明してくれます。この旅券(パスポート)が海外では命の次に大事なものです。

Copyright © 2014 初めての海外旅行について All Rights Reserved.